代表あいさつ

代表あいさつ

「子どもを真ん中に 地域で育て、育ち合う」を合言葉に
未来を担うこどもたちのために、これからも挑戦し続けます

特定非営利活動法人チャイルドケアセンター
代表理事 大谷清美

市民グループの活動スタート

1997年、「大野城市の子育てに関する情報が少ない」と感じ、同じ思いの仲間7人と思いを実らせ『子連れママグループびぃ~んず』は、大野城市で産声をあげました。「こんな支援があったらいいな、もっとみんなで子育てを一緒にできたらいいな」を形にした『子育て情報誌 びぃ~んずキッズ』(フリーペーパー)を創刊。今となれば、試行錯誤で経験してきたすべてが「学びの場」であったと思います。

NPO法人化に向けて

子育て情報誌を基盤に、時代のニーズを意識しながら様々な事業化を進めてきましたが、子育て世代のみならず、あらゆる世代の方々が互いに支え合い、大野城市で子育てしたい!と思えるまちづくりを目指そうと、2001年11月にNPO法人格を取得しました。
大野城市近郊の5市(春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市)をエリアに、子育て支援事業を積極的に展開し育児に関する支援活動と、子育てに関わる支援団体(サークル・ボランティア団体など)とネットワークを結びながら「子どもを真ん中に、地域で育て、育ち合う」を理念に活動を行っています。

今までもこれからも

近年、女性の社会進出は目覚しく、女性の力を求める声も高まっています。女性がより活躍できる社会の実現に向け、多様化する社会に対応できる生活の支援を行います。子育ては楽しい時もあり、苦しい時もあり、悩んだりすることもあります。そんなときに私たちは、親子に寄り添いサポートできる身近な存在でありたいと思います。そして、チャイルドケアセンターに関わる皆様が、それぞれの生き方の中で、人生の喜びと感動を共に分かち合えることを願っています。
市民グループから始まり、今年22年目を迎えました。まだまだ課題は山積みですが、これからも笑顔を絶やさず小さな一歩を積み重ねていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

ロゴマークに込めた想い

こどもを中心に、それぞれの世代の方々や企業・団体とが目的を持ちみんなで活動・活躍できるよう地域のつながりを大切にしていきたい気持ちをロゴマークに表しました。

黄色は、子ども。
ピンクは、子育て中のママ・家族。
緑は、地域の方々。
青は、企業・団体の方々。
オレンジは、チャイルドケアセンター。
をそれぞれ表しています。

チャイケアについて知る

皆さまのご支援をチャイケアの地域活動に役立てます

寄付について

ページ
上部へ